↑この空間は広告対策≠ナす^^;

汐留界隈2002

2002-11-23  15:45〜16:20撮影  キャノンパワーショットG2

大江戸線とゆりかもめの汐留駅が11月2日に開業しました。「国鉄最後の日」にC56の汽笛が響き渡った汐留貨物駅≠ェ廃止されてから15年後に日本の鉄道発祥の地旧新橋駅跡に久々の旅客駅として「復活」したのは、リニア駆動とゴムタイヤ電車の駅。そして出現した未来都市


これだけはモロ・・・某サイトの真似^^;;; フルオートでは意外にシャッター速度が速くて流れていません。。。

 シオサイト≠ヘ正式名称で、駅名アナウンス(英語も含め)にも登場します。↑↓何故かこの駅、大江戸線の駅としては内装が「格段に簡素」なんです。何もかもバブル期≠ノ計画されたほかの駅と違って時代≠反映しているのでしょう。シオドーム≠ニも読めますね!

お気づきの方、いらっしゃいました?築地市場方ホームから見える、建設中の浅草線への連絡線。軌間以外は大きく異なる両線です。大江戸線の車輌は、特製?の牽引車(ひょっとしてハイブリッド??)に牽かれて行き来するらしいです。目的地は、西馬込工場です。考えたら、「12号線用試作車」が構内で試運転を行った、ゆかりの地でした。

「簡素な内装」を象徴するポイントです。当たり前の、電照式の路線図すらありません。。。

改札を出ると、漸くらしい<cmが現れます。どなたかのゲージツ作品≠ナす。解説は見ませんでしたが・・・「鉄道発祥」と「ゆりかもめ」がモチーフでしょうか?

地下1階の共用通路はご覧の通りなかなか豪華!・・・且つ、現在はガラ〜ん・・・。

地上に出ると、そこに未来都市≠ェ拡がります。ビルの谷間に植林された樹木もライトアップされます。

21世紀の「鉄道発祥の地」の地下にはリニア駆動地下鉄°中にはゴムタイヤ電車≠ェ走ります。

私が一番、気になっていたのは・・・。

↓↓↓!・・・コレですね、コレ!

と、マア現在は・・・

こんな具合です。この中には、興味深い物が沢山展示されるらしいです。頭端式ターミナルだったから「駅舎」の場所は大体昔≠ニ同じだと思います。現在は完全にビルの谷間に埋没して先に延びる『鉄路』のイメージは微塵もありません。

「汐留貨物駅」の空間を感じさせる場所はココですね!?旧新橋駅の遺跡も沢山発掘された辺りです。

「旧新橋駅前」からカメラを振るとこんなシーンが撮れます。日本一の高層ビル≠焉E・・何だか低くなった感じがします。そーいえば「満鉄本社」もこの近くでしたね!

夜のシオサイト≠彩るのは人口地盤上の通路のいたるところに設置された「電球色蛍光灯」の照明です!

なかなか見事なイルミネーションです。ゆりかもめ≠フ汐留駅ホームのバックには、まるでお城のような渦中の某?ビルがそびえます。

浜松町貿易センタービルは古さを感じさせません。手前ではまだまだ新しいビルが建つようです。左のビルは住宅棟みたいです。お値段≠ヘともかく・・・鉄ちゃんにとっても気になる存在ですね!

例の↑大江戸線〜浅草線の短絡線はこの下辺りでしょうか?浜松町(大門)付近でも大規模な新幹線構造物の仮受やルート変更が行われました。

雨が降ってきました。このアングル、ちょっと狙いました^^;

汐留駅に進入する「ゆりかもめ」。正に子供の頃描いた未来都市図≠ナす!これでエアカー≠ナも走っていれば。。。画面中央にはかもめ≠ネらぬカラス≠ェ悠々と佇むのが見えます。

最後までご覧いただき有難うございました<(_ _)>。


トップメニューへ              トクトクインデックスへ

 

Ads by TOK2